引き寄せるツイート方法をまとめた

Twitterのツイートもただ140文字びっちりと埋まっている文字よりも、視覚的に見やすい、つい先を読んで見やすくなる書き方が大事です。以下ポイントをまとめました。

・タイトルを付ける
・ツイートの本文パターン
 -パターン1.流れ
 -パターン2.会話式
 -パターン3.箇条書き
 -パターン4.ビジュアル
・相手の言葉を研究する
・相手の悩みを掘り下げる
・まとめ

●タイトルを付ける

まずは何が書いてあるのか、自分の興味のある内容か?タイトルで読むか読まないか決める人は多いです。
迷わないタイトルの決め方。

庸性の高いタイトルの7パターン
・要約→
内容を一言で伝えることで瞬時に読むかを判断する
・疑問、問いかけ→質問されると本能的に答えを探す意識を引く
・非常識→「広告にお金は必要ない!?」の様に常識の逆で興味をそそる
・数字→数字を入れると具体的で伝わりやすくなる
・呼びかけ→「〇〇な人にお勧め」の様にターゲットを絞る
・アンバランス→「キャンディーと教科書」など思わず反応する内容を付ける
・感想→ツイート内容の自分なりの感想を付ける

●ツイートの本文パターン

 -パターン1.流れ

「起承転結」・「序論・本論・結論」

 

【140文字で世界を作る】
タイトルが10~15文字程度なので、本文は125~130文字程度。
ツイートする際に、「どこを強調するのか」を考えるのがポイント。
題材を強調するのか、本文・過程なのか、結論なのか。そこを考えないと140文字ではオーバーします。
限られた文字で相手に想像を与える、感動を与える事を考えてツイートしましょう。難しく考えずにまずは書いてみましょう。

 -パターン2.会話式

会話形式のツイートは読みやすく。絵文字で会話感を出します。

 -パターン3.箇条書き

要点を並べるとわかりやすく伝えたいこともよく伝わります。

 -パターン4.ビジュアル

ビジュアルでツイートを目立たせるパターン。
ぱっと目を引き、つい読みます。

目を引くだけではなく、最初の1行は悩みや共感を得るような入りにするとより良いです。

●相手の言葉を研究する

相手が理解できる言葉は頭に入りやすく、共感を得やすい。信頼も築きやすくなります。共通の話題、単語をツイートに入れていきましょう。まずは、ターゲットとしている人をフォローし、どんな内容をツイートしているかを研究します。

●相手の悩みを掘り下げる

ペルソナ、つまりあなたがメッセージを伝えたい相手の悩みを掘り下げておきましょう。悩みを解決することを望んでいます。
悩みの解決策を持っている人の情報を知りたい!と多くの人は思います。

 

 

 

ダウンを追いかけるのではなく、惹き寄せるリクルート法

友達や知り合いにネットワークビジネスの勧誘がなかなか出来ないあなたに朗報!

これからの時代は口コミすることなくインターネット・スマホ・LINEの3つを使ってダウンを集客することが可能に!

さぁ、今すぐLINE@に登録して無料ノウハウをゲットしてください!