「ネットワークビジネスで大きな収入を得るためには、手当たりしだい誰でも彼でもスポンサーしなければいけない・・・・・」

などという間違った考え方は、今すぐ捨てましょう。

そんな必要はありません。ご安心ください。

メンバーの人たちと一緒になって行動することの大切さや、その人たちを助けてうまくビジネスをスタートさせてあげることの重要性を分かってください。

例えば、あなたが2人をスポンサーし、その2人がそれぞれ2人をスポンサーしたとしましょう。

その場合、実は2×2=4ではありません。

なぜならすでにあなたがスポンサーした2人がいるわけですから2×2=6になっているのです。

同じようにあなたが5人をスポンサーして、みんながそれぞれ5人ずつスポンサーできたとしましょう。

1段目には5人
2段目には25人
3段目には125人
4段目には625人
合計780人となります。

あなたが直接スポンサーする人数が多ければ、多いほど、理論上はあなたの組織は大きくなります。

しかし5人以上は考える必要はありません。なぜなら、人は5人以上と効率的にビジネスを進めることができないからです。

一度に何十人もスポンサーしたところで、次々と辞められてがっかりするのがおちです。

ただし、1段目の5人とは、あなたがスポンサーした人たちの中で、真剣にこのビジネスに取り組みネットワークを構築しようとする人たちです。

この5人の人は、それぞれも、5人の真剣な人をスポンサーしていく人たちです。

もちろんこの5人に巡り合うまでには、あなたは10人、15人、ときには20人の人をスポンサーしなければならないかもしれません。

しかし、nanairo惹き寄せマーケティング理解したら、これを知らない人に比べて、はるかに早くこのビジネスを成功させることができるでしょう。

もし「1人でさえも、誘えないのに5人なんて無理!」とあなたが思うのであれば心配は無用です。

実は5人を誘うことは全く難しいことではないのです。

惹き寄せのマーケティングを使えば、口べたでも、素人でも全く問題なく、5人を誘うことが可能です。

もしあなたのネットワークに780人の製品利用者がいて毎日製品を利用していれば、そこからは大きな消費と流通が生まれます。たとえビジネスとして真剣に取り組んでいない人でも、製品を愛用していれば、そこには製品の購買が発生しているのです。

それぞれのメンバーが5人のメンバーを獲得維持するだけで良いのです。

つまり大勢の人たちにそれぞれ無理のない程度に少しずつ努力してもらう、ということです。

あなたは5人の人と真剣にビジネスに取り組めばよいのであって、決してこの780人を相手にセールスに励むのだなどと考える必要はありません。

それは5人の人に正しくビジネスを伝えてれば、自然に発展していくネットワークなのです。

ダウンを追いかけるのではなく、惹き寄せるリクルート法

友達や知り合いにネットワークビジネスの勧誘がなかなか出来ないあなたに朗報!

これからの時代は口コミすることなくインターネット・スマホ・LINEの3つを使ってダウンを集客することが可能に!

さぁ、今すぐLINE@に登録して無料ノウハウをゲットしてください!