ドテラ ディープブルーラブをお中元で送ろう!

そろそろお中元の季節ですね!

 

 

あなたはお世話になっている人に毎年、お中元を送っていますか?

 

『今年は何を送ろうかな?』

と悩んでいるのであれば、1つ提案があります。

ダイエットをしている人や、スポーツ好きな人に限りますが、ドテラの

【ディープブルーラブ】

はいかがですか?

 

 

ディープブルーラブは、サーッと伸びて使い勝手の良いクリームで爽快感があります。

それに、使い心地がとても良いですね。

また、肌触りの良いタオルも合わせて送れば、さらに喜んでくれますね。

ディープブルーラブの効果と成分とは?

ドテラのディープブルーラブは、
抗炎症作用と、鎮痛作用があるオイルですね。

筋肉痛や痛み、肌の腫れが起こった時に役立ちますよ。

どんな成分が、含まれているんでしょうか?

1.モクセイ

 

抗炎症作用がある、モクセイ科モクセイ属の木ですね。

2.ヘリクリサム(イモーテル)

 

血液循環を良くして、頭痛、肩こり、神経痛などに効果がある、黄色い花ですね。

3.ブルーカモミール(ジャーマンカモミール)

 

アズレンという成分を含んでいる、白い花です。

組織再生作用と抗炎症作用があるので、スキンケアによく使われてます。

4.ブルータンジー

 

皮膚炎、かゆみ、アレルギー、火傷などの皮膚の病気に役立つ、
黄色と青色の種類がある花ですね。

5.ペパーミント

 

冷却効果があるため、鎮痛効果と炎症対策になるミントですね。

6.カンファー

 

抗炎症、鎮痛、鎮静作用がある木ですね。

肌に付けるとニキビを抑える効果が期待できます。

また、肩こりや筋肉痛を和らげてくれますよ。

7.ウィンターグリーン

 

赤い実をつけるツツジ科の木ですね。

歯磨き粉やサロンパスの香料、チューイングガムの材料として有名ですね。

薬に近い効果があるので、筋肉に痛みたリウマチの痛み、皮膚の炎症を抑える外用薬としても使っています。

どの植物も抗炎症効果が高くて、血流を良くして、痛みを抑えてくれます。

その7つの植物の効能から、

エステ
マッサージ
スポーツ専門医

でも使っているところがありますね。

 

『何だか薬のような成分ばかりですけど、
 ディープブルーラブは薬なんですか?』

 

という質問を頂いたので、お答えしますね。

ドテラのディープブルーラブのクリームは薬ではないですね。

薬に似た成分を自然由来として、入れているだけですよ。

ディープブルーラブの使い方とは?

ドテラのディープブルーラブの使い方は、運動後に疲れた肌に塗ると効果ばつぐんですね。

もちろん、運動前に使うと冷たくて、気持ちも軽くなって、運動のパフォーマンスをサポートしてくれますね。

ジムやヨガで汗を流すときに使うと良いでしょう。

 

 

あなたもよく運動するのなら、ディープブルーラブを1度ためしてみましょう。

効果を実感できたら、お中元として仲の良い人に送ってあげてはどうでしょうか?

 

ダウンを追いかけるのではなく、惹き寄せるリクルート法

友達や知り合いにネットワークビジネスの勧誘がなかなか出来ないあなたに朗報!

これからの時代は口コミすることなくインターネット・スマホ・LINEの3つを使ってダウンを集客することが可能に!

さぁ、今すぐLINE@に登録して無料ノウハウをゲットしてください!