MENU

ごり押しマーケティングの時代は終わりました

今までのネットワークビジネスのリクルート手法は、いきなり相手に電話を仕掛け、アポを取り、セミナーに呼び、ビジネスの説明をして参加をさせるというものでした。

しかし、そういったやり方が通用したのはインターネットやスマホが普及する前の時代です。

今はすべて事前に検索し、調査し、比較検討してから購入するかどうかを決めます。

惹き寄せマーケティングとは、自社のビジネスと消費者にメリットをもたらす、価値あるマーケティングプロセスを構築するための手法です。

まず、相手に合わせた有益なコンテンツでプロスペクトや顧客を惹き付け、ウェブサイトやブログに呼び込みます。

次に、EメールやLINE@などのコミュニケーションツールを活用しつつ、継続的な価値の提供を約束して、信頼関係を構築します。

そして、親身なアドバイスと専門知識によってサポートし続けることで、顧客の満足度を高めます。

ごり押しマーケティングとは異なり、惹き寄せマーケティングでは潜在顧客を振り向かせるために悪戦苦闘する必要はありません。

ターゲットの顧客層が抱える課題やニーズに対応するコンテンツを作成することで、有望なプロスペクトの心をつかみ、信頼を勝ち取ります。

【クリック!】ダウンのほうから寄ってくる魔法のリクルート法とは?